インデックスファンドって何?

pixta_21651419_l-02

投資信託の基礎

みんなが投資信託をやっているので、投資信託もかなり身近な存在になりました。ですがやはり専門用語は難しいですよね。たとえば「インデックスファンド」って、どういう意味だかご存知ですか?今回は気になるけれど人には聞けない、「インデックスファンド」の意味を調べてみました。

「インデックスファンド」ってなに?

「インデックスファンド」とは、「バランスファンド」の基礎となるので覚えておくべき用語です。この「インデックスファンド」は、市場の平均の動きと同じ動きを目指す取引のことを指します。
市場の平均は、「日経平均株価」や「TOPIX」などの値の動きからつくられます。株価指数にあわせた取引をする、という意味です。
わかりやすく言うと、「日経平均株価」を作る銘柄と同じ銘柄を所持しているならば、インデックスファンドは「日経平均株価」と同じ動きをするゆえに、平均値をキープできると言えます。
常に市場の平均値を目指した売り買いをすることがインデックスファンドなのです。日系平均株価と連動するように上場投資信託を行うのが、投資のプロの力ということになります。

インデックスファンドのメリット

インデックスファンドならば、「日経平均株価」をつくりあげる銘柄の中から投資先を選らぶことになります。通常ですと、何千とある投資先の中から選ばなくてはならないゆえに初心者は投資先を決めるだけでかなりの時間と手間がかかります。
その点、インデックスファンドならばある程度銘柄が決まっているゆえにスムーズに投資先を選ぶことができます。さらに日本株式・外国株式・外国債券・日本債権など様々な投資先から希望の商品を選ぶことができます。それぞれのニーズにあった、リスクの少ない投資をするのに最適なのです。

インデックスファンドは運用金が安い

大きなポイントのひとつとして、インデックスファンドは購入時の手数料が無料です。そして運用管理費も安く、積み立て投資のためには最適です。

インデックスファンドのデメリット

インデックスファンドの目的は、高額な利益を上げることにはありません。市場の平均以上の利益を出すことは不可能だということを思いに留めておきましょう。
そこでおすすめしたいのは、JAバンクの投資信託です。利用しやすい信託をめざすJAバンクでは、少ないリスクで利益を期待できる「NISA」のお申し込みもスムーズに行えるようになっています。安心なサービスで定評のあるJAバンクで、ぜひ利益のある資産運用を目指しましょう。