投資信託のプロってどんな人?

pixta_21534172_l

投資信託とは?

投資信託ってよく聞くけど、結局何をするの?投資信託とは、実は投資のプロに資金を渡し、運用してもらって利益を返還してもらうシステムなのです。信託のプロっていったい何者?詳しく見てみましょう。

投資信託の流れは?

投資信託とは、投資家から集めたお金を運用のプロが資金としてまとめ、それを運用して得た利益を資産家に返還する、というシステムです。つまり、投資する側・出資する側がお客様となります。
運用のプロは「ファンドマネージャー」とも呼ばれます。このファンドマネージャーは複数の投資家から集めた資金を運用して金融市場で取引をします。
不動産や国内債権・海外債権、国内株式・海外株式などを売買することで、利益をあげていくのです。こうして出た運用利益は、様々な方法で投資家へと返還されます。分配金として返還される場合、償還金となる場合、その他のサービスとなる場合があるでしょう。

投資信託のプロって何者?

投資信託のプロとは、「機関投資家」「プレーヤー」とも呼ばれる人達です。日本において、この機関投資家の7割は外国人とも言われています。機関投資家たちは、様々な形で、投資家から集めた資金を維持することを業務としています。
かつては、プロの機関投資家・ファンドマネージャーと素人のファンドマネージャーとの間には大きな差がありました。ですが近年、日本ではプロの機関投資家と新人のファンドマネージャーの間にはそれほど差がないように思えます。
かつては売り買い手数料に関しても、大口投資をすることで手数料がかなり安くなったようです。ですが最近はネット証券を使うことで、手数料も大幅に抑えることができます。
アメリカでは高額の取引をするのは20年、30年の経験を持つファンドマネージャーが普通ですが、日本では金融規制が厳しいためにそういった経験のあるファンドマネージャーは海外に留まる傾向にあります。
運用会社に対する法人税や所得税も、他の海外と比べて日本は高い傾向にあります。そのため国外に運用拠点を移すヘッジファンドも増えています。これらの動きからも、日本国内ではファンドマネージャーごとの差があまりないと言えます。

どこに頼むべき?

結局投資信託はどこに頼むべきなのか?おすすめは、安心のJAバンクの投資信託です。経験あるスタッフが、口座開設や投資信託の始め方に関してもていねいに相談に乗ってくれます。ぜひ相談してみましょう。