銀行の投資信託に共通すること

pixta_26279485_l

投資信託はどこですればいいの?

投資信託をする際、どこに資産を預けるかというのは重要な問題です。投資信託銀行に預けるのか、または証券会社に預けるのか?その共通点と違いについて調べましょう。

投資信託銀行とは?

投資信託業務と銀行業務には違いがあります。投資信託銀行では、投資家から得た資産を運用し、利益を投資家へ返還する業務を行います。
資産の運用方法としては、不動産や国内債権、海外債権などが上げられます。正しく運用するためには、銀行業務とは異なる業務を行っていることを理解する必要があります。

証券会社の業務

証券会社の業務は何があるでしょうか?証券会社は、まず価値のある証券、株券である株式を扱います。投資信託を通常業務としているため、より専門度が高いといえるでしょう。株式と債権があることが、投資信託銀行との違いと言えます。

銀行窓口で投資信託を購入するメリット

ここで、銀行の窓口で投資信託を購入する際のメリット、共通点について考えてみましょう。まず、銀行の窓口での購入は相談できるというメリットがあります。販売担当者から適切なアドバイスが受けられますし、気軽に相談にいけるのが何よりのメリットでしょう。
また預金と投資が一箇所で行える、というのも銀行で投資信託をおこなう共通のメリットと言えます。安心して取引したい、一箇所ですべて済ませたいという方ならば、銀行での投資信託がおすすめです。ですが、最近はインターネット上で銀行と提携した投資信託を行うこともできます。便利なサービスを行っている銀行をご紹介しましょう。

「カブドットコム証券」がおすすめ

「カブドットコム証券」とは、「MUFG」つまり三菱UFJフィナンシャルグループのネット証券会社です。三菱UFJフィナンシャルグループが信頼と実績をもって、自信をもっておすすめするので信頼が置けますね。
「カブドットコム証券」なら、最新型のツールを使って便利にスマートに証券取引ができます。特にいまはアプリを使った取引に力を入れています。「カブドットコム証券」のサービスと連動した様々なアプリを使うことで、より快適に、よりスムーズに取引を行えるのです。
銀行での投資信託、証券会社での投資信託、どちらにもメリットとデメリットがあります。それらを踏まえたうえで、自分にあった投資信託を行えるように賢く決定していきましょう。