プロと専門家と経験者の区別の仕方

Businessman using digital tablet working with stock market chart

資産運用を任せるなら?

資産運用、自分で行うには知識が少なすぎるし、できればプロにお願いしたい。でもそんな時、どうやって資産運用の腕を見極めれば良いのでしょうか?資産運用のプロと専門家と経験者との区別の仕方とは?

資産運用の専門家とは?

投資信託のプロとは、「機関投資家」「プレーヤー」とも呼ばれる人達です。日本において、この機関投資家の7割は外国人とも言われています。機関投資家たちは、様々な形で、投資家から集めた資金を維持することを業務としています。
かつては、プロの機関投資家・ファンドマネージャーと素人のファンドマネージャーとの間には大きな差がありました。ですが近年、日本ではプロの機関投資家と新人のファンドマネージャーの間にはそれほど差がないように思えます。

素人でもとプロの差がなくなりつつある

かつては売り買い手数料に関しても、大口投資をすることで手数料がかなり安くなったようです。ですが最近はネット証券を使うことで、手数料も大幅に抑えることができます。
アメリカでは高額の取引をするのは20年、30年の経験を持つファンドマネージャーが普通ですが、日本では金融規制が厳しいためにそういった経験のあるファンドマネージャーは海外に留まる傾向にあります。
運用会社に対する法人税や所得税も、他の海外と比べて日本は高い傾向にあります。そのため国外に運用拠点を移すヘッジファンドも増えています。これらの動きからも、日本国内ではファンドマネージャーごとの差があまりないと言えます。

頼むなら誰に頼むのが得策?

では結局、誰に資産運用を頼むのが正解なのでしょうか?答えは、投資信託銀行です。投資信託銀行ならば信頼もありますし、詐欺などの心配も必要ありません。
おすすめはSBI証券です。
SBI証券ではリアルタイムトレーディングツールである「HYPER SBI」という最新のトレーディングツールを取り入れています。
このツールは一瞬で様々な価格変動を確認できるように一覧表示を見やすくしています。さらに複数の銘柄を発注したあとのチェックもひと目で確認できるようになっている優れものです。
自分がいつも使う口座を指定しておけば、インターネットで即座に入金手続きを行うことができます。買い付け余力への入金即時反映を可能にすることで、思い立ったときにすぐに取引をすることができるのです。
さらにそのための振込手数料、振り替え手数料は無料です。投資信託を安心できる場所で始めたい始める方、ぜひSBI証券がおすすめです。